四足歩行ロボとFAROの3Dスキャナーが合体
2021年2月15日

FARO® Trek 3D Laser Scanning Integration

Boston Dynamics Spot® Mobile Robotによる自律スキャニングを可能にします
以前は、建設現場の現況キャプチャにレーザースキャナーを使用する唯一の方法は、作業員を専任させることでした。しかし、今ではBoston Dynamics Spot Mobile Robot(四足ロボット)がその任務を代行します。Spotは目的のコースを一度歩くだけで、スキャン作業を記録できます。Spotは継続的な進歩状況のモニタリングと品質チェックを必要に応じて繰り返すことができます。SpotはFARO FocusS レーザースキャナー と連携し、FARO Trek 3Dレーザースキャニング・インテグレーションを利用して自律スキャニングを可能にします。

FARO Trekの事業価値

チームの生産性を維持

自律スキャンを使用すると、ワーカーを解放して、他のより価値のあるタスクを実行できます。

所有者、開発者、テナントへの情報提供

正確な完成品は、利害関係者に進捗状況を最新の状態に保ち、プロジェクト全体で品質保証を提供します。

プログレッシブスキャンを簡単に比較

クイックスキャン比較により、進行領域を一目で特定できます。

建設品質の向上

設計モデルと現況の相違は、簡単に特定して修正することができます。

適切な支払の確認

進捗証明は、完了した作業の正確な支払いを保証します。

正確性と一貫性の確保

毎回同じ場所でデータをキャプチャします。

詳しくは、FAROのウェブサイトで。

(Visited 1 times, 2 visits today)
関連記事
Translate »