9/2オンライン、BIM 時代の空調設計ワークフロー – SeACD for Revit 大型アップデートのご紹介
2021年7月19日

2021年9月02日 日時: 14:0015:30 JT

オートデスクオンラインセミナー
ウェブキャスト
説明
RUG (Revit User Group) とオートデスクで共同で行なっております、「設備 BIM 最前線」でも次々とRevit を使った設備設計お客様事例をご紹介しており、国内でのRevitの設備設計での活用が広まっております。

設備 BIM 最前線

オートデスクのAECパートナーのイズミシステム設計様より提供されている Revit の拡張アドオン機能の「SeACD for Revit 」(*) がこの度大幅にアップデートされました。

オートデスクAECパートナー
イズミシステム設計 「SeAEC for Revit」

「SeACD for Revit」はお客様の設備設計業務のリードタイムの削減に大きく寄与できる画期的な拡張アドオン機能です。例えば、従来1つ1つカタログで選定し、値を表計算ソフトに転機するといった作業が、「SeACD for Revit」を利用することにより、各メーカーの空調機をSeACD上で選出できるため不要になります。

本セミナーでは、「SeACD for Revit」の特徴、今回実施されたアップデートなどについて具体的なデモを交えてご紹介いたします。

(*) 「SeACD for Revit」は、API (Application Programming Interface) を用いて開発されています。Revit をはじめとする多くのオートデスク製品は API を用いて機能拡張を容易に行えます。

主催:オートデスク株式会社
協力:株式会社イズミシステム設計
参加費:無料・事前登録制
配信方法:Zoom Webinar、YouTube LIVE

ご紹介する内容
– Revit の設備設計での国内ご利用状況について
– API とは何か ? API でできること
– SeACD for Revit 大幅アップデートのご案内
– Q&A

講師:
オートデスク テクニカルスペシャリスト 羽山 拓也、日下部 達哉
イズミシステム設計 岡田 和之氏、西井 祐樹氏

有償または無償イベント
無料

 

詳細、参加申し込みは、オートデスクのウェブサイトで。

(Visited 1 times, 2 visits today)
関連記事
Translate »