8/18オンライン、カーボンニュートラル視点による人工衛星と点群データの活用
2022年8月1日

AI × GIS で加速する地理空間情報の活用ウェビナー ~カーボンニュートラル視点による人工衛星と点群データの活用~

AI は業務の自動化や高度化などを可能とし、さまざまな分野での活用が進められている中で、地理空間情報に対する AI 処理も注目を浴びています。
本ウェビナーでは、カーボンニュートラルや SDGs などが目指す持続可能な社会をテーマに、AI と GIS(地理情報システム)の連携についてご紹介します。

はじめに、ディープラーニングを始めとする AI ソリューションを提供する株式会社Ridge-i の畠山様にご登壇いただき、人工衛星により撮影された画像に対する AI 処理についてご発表いただきます。
また、ESRIジャパンからは、AI 処理によって得られたデータを利用し、点群データを活用した ArcGIS が持つ豊富な GIS 処理の例をご紹介します。

ゲスト講演

「時系列衛星データを用いた SDGs / ESG
への AI の活用」

株式会社Ridge-i
エンジニア

畠山 湧 氏

開催概要

日 時 2022 年 8 月 18 日(木) 15 : 00 ~ 16 : 00
参加形式 ウェビナー形式(Zoom を利用)
参加費 無料(事前参加登録制)
対 象 ・企業の ESG ご担当者様
・人工衛星画像に対する AI 処理に興味のある方
・GIS による点群データの活用に興味のある方

プログラム

「時系列衛星データを用いた SDGs / ESG への AI の活用」

株式会社Ridge-i
エンジニア
畠山 湧 氏

本セッションでは、高頻度で観測されている衛星データを AI 処理によって時系列解析し、変化検出を実施した事例をご紹介します。
得られた結果をどのように処理すると、業務にすぐに役立てることができるのか、具体的な利用シーンを想定し、ご紹介します。


「GIS プラットフォームとしての ArcGIS ~データ解析から共有まで~」

ESRIジャパン株式会社
先端技術開発グループ 部長
酒井 聡一

本セッションでは、AI 処理によって得られたデータを利用して、点群データを活用した ArcGIS Pro の空間解析例や、解析結果の共有プラットフォームとしての ArcGIS Online の利用シーンをご紹介します。
また、ArcGIS の AI 機能についてもご紹介します。

詳細、参加申し込みは、ESRIジャパンのウェブサイトで。

(Visited 1 times, 2 visits today)
関連記事
Translate »