CAD 事例「東亜建設工業が、新入社員研修にARESを採用した3つの理由」
2023年12月18日

明治41年に創業し、京浜工業地帯の埋立事業を手始めに、日本経済の発展と世界の社会基盤づくりに貢献してきて東亜建設工業株式会社は、新入社員研修において、ARES Commanderを採用しています。 現在、東亜建設工業の土木部門では、従業員の3分の2がARES CADソフトウェアを使用しています。この記事では、同社が新入社員研修においてARES を採用した3つの理由についてご紹介しています。

以上、Graebertブログからの引用でした。

詳しくはこちら(https://www.graebert.com/ja/blog/customer-stories/ares-commander-civil-engineering-training/)をご覧ください。

(Visited 1 times, 2 visits today)
関連記事
Translate »