新製品「快測AR」をリリースします
2024年6月10日

【2024.06.07追記】
「快測AR」の製品情報ページを公開いたしました。ぜひご覧ください。

https://www.kentem.jp/product-service/ksar/


新製品「快測AR」を2024年6月25日(火)にリリースします。

「快測AR」は建設業向けAR(拡張現実)アプリです。
タブレット端末内でリアルと3Dモデルを融合することで、現場に関わるすべての方が工事の完成形をイメージしやすくなります。3Dモデルを最大限に活用することで、現場の『愉しい』を実現します。

詳細につきましては以下をご確認ください。

 

新製品「快測AR」リリース

「快測AR」の概要

3Dモデルを現場に投影し、施工物の形状をイメージ
タブレット内で、現実世界に3Dモデルを融合!

「快測AR」の特長

    1. 3Dモデルの配置でイメージを共有
      3Dデータを配置することで、施工前であっても完成形のイメージが容易になります。
      また、3Dモデルはレイヤーごとに表示/ 非表示を切り替えできるので、施工ステップに応じて、具体的にイメージを確認でき、工程ごとの状況を共有することが可能です。 

      1. 3Dモデルを『簡単』に『高精度』に投影!KENTEMマーカーと「快測ナビ」で、どこでも高精度位置合わせ
        任意の箇所に「KENTEMマーカー」を配置し、「快測ナビ」でマーカー中心を観測。観測した座標値のQRコードを「快測AR」で読み込むことで、マーカーを自動認識。
        どこでも確実に位置合わせが可能に。3Dモデルがずれても、再度簡単に位置合わせをし直すことができます。 

        1. INNOSiTEシリーズで作成した3Dの統合モデルを投影
          「SiTECH 3D」「SiTE-NEXUS」「SiTE-STRUCTURE」で作成した3Dモデルを「快測AR」に出力できます。
          統合モデルとして「SiTE-NEXUS」に取り込んだ3Dイラストや、その他3Dデータ(IFCやSketchup 等)も「快測AR」に出力が可能です。 

リリース日

2024年6月25日(火)

「快測AR」製品情報ページ

https://www.kentem.jp/product-service/ksar/

 

※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの商標登録です。
※SketchUp は、Trimbleの商標です。
※お知らせ内に記載されている社名、および製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

詳しくは、建設システムのウェブサイトで。

(Visited 1 times, 5 visits today)
関連記事
Translate »