2/17オンライン、配管サポートをAutoPIPEのアルゴリズムで設計する方法
2021年2月2日

AutoPIPE 配管サポート最適化紹介 Webinar
配管サポートの設計にアルゴリズムのアイデアを投入してみませんか?

日時:2021年2月17日(水) 15:00~
プレゼンター:長尾 康史(ベントレー・システムズ アプリケーションエンジニア)

AIによる技術革新の話題が絶えない昨今、BentleyでもAIの技術は様々な製品に取り込まれ、めざましい速さで開発が進んでいます。
CAEソフトウェアの業界ではAIの技術は最適化アルゴリズムとして導入されることが多いようです。
Bentley AutoPIPE CONNECT Editionも、時流に即してバージョン12より最適化アルゴリズムが導入されております。
AutoPIPEの最適化機能は、初期の配管サポート位置と種類を、ヒトの進化になぞらえて発展させた「遺伝的アルゴリズム」を用いて変化させることにより、
より良い変数の組み合わせを導き出す機能となっております。
今回のWebinarでは、この「配管サポート最適化」機能の使い方や結果の見方について紹介します。

視聴登録はこちら:https://event.on24.com/wcc/r/2995556/6BB84E1853D277D6964F55ED4B46B0E0

配管設計業務にご活用いただけるよう、是非ご視聴ください!

【プレゼンタープロフィール】


長尾 康史(ベントレー・システムズ アプリケーションエンジニア)
ソフトウェアベンダーにて流体解析ソフトウェアの顧客サポートを担当。その後セールスエンジニアとして長年流体解析に従事。
2020年よりベントレー・システムズに入社し、配管応力解析ツールであるAutoPIPEのサポート、デモを担当している。
エンジニアリング業界の問題をソフトウェアで解決する方法を提供している。

詳細、参加申し込みは、ベントレー・システムズのウェブサイトで。

(Visited 1 times, 2 visits today)
関連記事
Translate »