GEORAMA 2021のリボンメニューを改良
2020年11月9日

操作性の向上

[GEORAMA]リボンメニューを改良しました。
GEORAMA 2020 までは GEORAMA パレットからのアクセスのみでしたが、GEORAMA 2021 ではリボンからも各機能にアクセスできるようになりました。

物性値補間機能の追加

ブロックモデル作成機能に物性値補間の機能を追加しました。
XYZ 座標とその地点の物性値の CSV データを指定することで、各ブロックに物性値を内挿することができます。また、補間した物性値での凡例色表示も可能です。

ソリッドモデル属性付与機能の追加

ソリッドモデルに属性を付与できるようになりました。
追加機能[属性項目][属性値編集]から、簡易に属性値を付与・変更することができます。属性値は Autodesk Civil 3D® のプロパティセットに設定されるため、IFC 形式で出力した際に属性情報を引き継ぐことができ、Autodesk Navisworks® 上で属性値を閲覧することも可能です。

関連サービス

3次元土木地質ソリューション

地質管理に特化したCivil 3Dのアドオンソフトです。 詳しくはこちら!
詳細

属性の見える化ツール

BIM/CIMにおける属性管理の汎用的なツールです。詳しくはこちら!
詳細

詳しくは、伊藤忠テクノソリューションズのウェブサイトで。

(Visited 1 times, 1 visits today)
Translate »