オートデスク
2018年6月17日
東洋建設はBIM試行工事から7年後、オートデスクの祖リュー宇ションでBIMによる設計・施工体制が出来上がった。クラウドを通じた施工管理や専門工事会社との連携まで、BIM活用はさらに広がっている。

2018年5月15日
2018年4月にBIM推進室を立ち上げた西松建設は、今後、3年間で会社の業績向上につながるBIMの活用法を見極める。VRによる施主との確認や、鉄骨建て方検討などに手ごたえを感じている。

2018年5月11日
2013年以来、東急建設は段階的にBIMの活用レベルを上げた・今ではBIMモデルによる専門工事会社との合意や施工図作成、iPadによる現場でのBIM活用、鉄骨会社とのBIMデータ連携まで行っている。

2018年5月10日
矢作建設工業は、鉄骨建て方などのクレーン作業や足場、山留め材の施工計画など、現場密着形の施工BIMを展開している。BIMが可能にした精密なクレーン作業や、iPadによるBIMの現場活用を直撃した。

2017年12月18日
エイト日本技術開発は「CIM推進委員会」を設置後、1年たらずで4件のパイロットプロジェクトを実施し、短期間でCIMの全社導入に道筋をつけた。オートデスクのCIMソフトを使った取り組みを取材した。

2017年7月13日
福岡空港の改修工事では、点群やBIMソフトをiPadで比較しながら現場の状況を時系列で確認しています。複雑に鉄骨や地下鉄、道路が入り組む部分や預け入れ荷物のベルトコンベヤーもBIMで見える化しました。

2017年6月1日
第一建設工業は、河川内での橋脚補強工事の作業空間を短工期で構築できる「D-flip工法」を開発した。作業員への説明やPRのため、オートデスクのCIMソフトで3DやVRによるプレゼンを行っている。

2017年5月10日
栗原洋一氏は、BIMソフト「Revit」を1年間独学。そのノウハウをブログで公開する姿勢が評価され、2017年3月に日本で4人目の「Autodesk Expert Elite」メンバーに選ばれた。

Translate »