オートデスク
2021年7月1日
水都環境はAutoCADを駆使して、デジタル地図に紙図面やテキストデータ、写真や点群データまで、様々な種類のデータを統合。地上と地下の構造物を一体化した“真実のデジタルツイン”を追求している。

2021年5月26日
アサヒコンサルタントはオートデスクのBIM/CIMソリューションを導入した結果、若手社員も難しい設計業務をこなし、作業スピードも大幅に向上した。きっかけは3Dを使いこなす学生アルバイトの入社だった。

2020年11月16日
新菱冷熱工業のBIMは、部材の干渉防止などを目指す「コラボのBIM」から、外注先の業務効率化を実現する「思いやりのBIM」、そして建設フェーズ全体でBIMを活用する「つながるBIM」へと進化してきた。

2020年10月13日
所員9人のさくらドラフトワークスには、RevitとBIM 360 Designによる設備設計の依頼が続々と舞い込んでくる。コロナ禍対策ではBIMモデルによるテレワークの結果、生産性が向上した。

2020年9月14日
ベクトル・ジャパンはオートデスクのBIMソリューションを活用し、自社が担当する構造部分のほか、他社の配管やダクトなども一つのBIMモデルにまとめ、各社の意思決定を早める貢献を行っている。

Translate »