属性情報、LODも簡単設定!ARCHICAD用のGDLオブジェクト作成ツールが登場
2019年3月5日

管理人のイエイリです。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト、「ARCHICAD」で、属性情報が付いた家具や機器などのBIMパーツ(GLDオブジェクト)を自作しようとすると、「GDL」というプログラミング言語をマスターする必要がありました。

そのため、一般の設計者にとっては、ちょっと敷居が高かったのではないでしょうか。

そこでグラフィソフトジャパンは、もっと簡単にGDLオブジェクトを作れるツール「Library Part Maker」を開発し、2019年3月1日からARCHICADユーザーに提供を行っています。

ナ、ナ、ナ、ナント、

GDLの知識なし

で、簡単に属性情報付きのGDLオブジェクトが作れるのです。

「Library Part Maker」で作れるオブジェクトの例(以下の資料:グラフィソフトジャパン)

「Library Part Maker」で作れるオブジェクトの例(以下の資料:グラフィソフトジャパン)

これまでのツールとの位置づけ

これまでのツールとの位置づけ

使い方は簡単です。「LPMパレット」というメニュー画面が用意されており、「新規ライブラリ名を追加する」「ライブラリ部品のデザインエリアを定義する」といった具合に、順番に並んでいる項目を上から下まで順番に行っていくだけです。

操作の途中では、「パラメーターの設定画面」があり、オブジェクトの寸法や材質などの属性情報を簡単に設定できます。

操作手順をまとめた「LPMパレット」。上から下に順番に行っていくだけ

操作手順をまとめた「LPMパレット」。上から下に順番に行っていくだけ

属性情報を定義するパラメーターの設定画面

属性情報を定義するパラメーターの設定画面

このほか、2D、3Dの画面上で縮尺に応じて適切な表現を行う

LODの割り当て

も行うことができます。

20190305-image00

対応するバージョンは、「ARCHICAD 22」または「ARCHICAD 22 Solo」です。「GRAPHISOFT VIPサービスサイト」で提供(VIPサービス加入必須)されています。

BIMはBIMパーツがたくさん用意してあると、設計効率が高まります。このツールで、ARCHICADのBIMパーツ作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(Visited 15 times, 7 visits today)

Translate »