360°を1秒で3Dスキャン! リコーがTHETAのような「3次元復元デバイス」を開発していた
2022年12月7日

管理人のイエイリです。

リコーと言えば、周囲がぐるりと写った写真を、たった1回のシャッターで撮影できる360度カメラ「RICOH THETA」シリーズで有名です。

同社は2022年12月5日~7日、東京ビッグサイトで開催中の「第2回 建設DX展[東京展]」にブースを出してしていますが、そこにはいくつもレンズが付いた「ワンショット3次元復元デバイス」というものが参考出展されていました。

建設DX展のリコーブース(写真:家入龍太)

建設DX展のリコーブース(写真:家入龍太)

参考出展されていた「ワンショット3次元復元デバイス」(写真:家入龍太)

参考出展されていた「ワンショット3次元復元デバイス」(写真:家入龍太)

この機器は、1回のシャッターで、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

周囲360度を3Dスキャン

 

できるものなのです。(リコーのプレスリリースはこちら

「ワンショット3次元復元デバイス」の機能(資料:リコー)

「ワンショット3次元復元デバイス」の機能(資料:リコー)

周囲や上面に10個ほどのレンズが付いており、距離を測る機能を持っています。そのため、周囲を3Dスキャナーのように点群計測することができます。

担当の方にお聞きしたところ、iPhoneのようなLiDAR(ライダー)は使っておらず、光学的に計測するとのことでした。

計測した点群を3Dモデル化することで、2Dの写真より物体が区別しやすくなるので、機械室にある設備機器の台数を自動カウントするなど、新たな用途が生まれそうです。

「ワンショット3次元復元デバイス」の様々な活用イメージ(資料:リコー)

「ワンショット3次元復元デバイス」の様々な活用イメージ(資料:リコー)

そして、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)的な活用方法としては、点群データから

 

柱や梁などの部材

 

を自動認識させることも検討しているそうです。

そうなると、属性情報付きの現況BIMモデル作成も、かなり自動化できそうですね。

今回は参考出展のため、正式リリースまでにはもう少し、時間がかかりそうです。

これが製品化された時には、THETAのように現場を手軽に、スピーディーに記録できる3Dスキャナーとして建設業界のツールとして注目を集めそうです。

リコーでは、この機器の機能やサービス開発のパートナーを募集しています。ご興味のある方は、本日(12月7日)、最終日を迎える建設DX展の同社ブースで聞いてみてはいかがでしょうか。

(Visited 1 times, 3 visits today)

Translate »