西松建設が切羽計測をテレワーク化へ! 建設DXの実現に近づく山岳トンネル工事
2021年5月26日

管理人のイエイリです。

山岳トンネル工事でも、各種データを活用したICT(情報通信技術)やAI(人工知能)化が進み、従来の“KKD”(経験、カン、度胸)の世界からの脱却が進みつつあります。

西松建設はこのほど、ジオマシンエンジニアリング(本社:東京都荒川区)と共同で、下の写真のような計測台車を開発しました。

西松建設がジオマシンエンジニアリングと開発した計測台車。上下に伸び縮みする機構を備えている(以下の写真、資料:西松建設)

この計測台車の用途は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

切羽の遠隔監視

用に開発されたものなのです。(西松建設のプレスリリースはこちら

この計測台車は、トンネル内の計測を遠隔で行う「Tunnel RemOS-Meas.(トンネルリモスメジャー)」というシステムに使われます。

幅100cm×長さ115cm×高さ150cm程度の大きさで、カメラや高速3Dレーザースキャナー、ガス検知器などの機器を搭載できます。

この台車を、トンネル内に設けた遠隔操作室から、モニターの映像などを確認しながら、リモコン操作するというわけです。

足回りにはリチウムイオンバッテリーで駆動する電動式クローラーを備えており、重機とのすれ違いや狭い場所での走行・旋回も可能です。そのため、掘削サイクルの合間に迅速に計測できます。

危険な切羽の各種計測を安全な遠隔操作室から行える

遠隔操作室に設けられたモニター画面

現在は切羽から数十から100m程度離れた位置に設けた遠隔操作室での操作を想定していますが、将来的には

トンネル外の遠隔地

からの操作も視野に入れているとのことです。

そうなると当然、インターネットや携帯電話の回線を通じて、どこからでも操作できるようになるでしょう。切羽の計測を担当する人は人里離れたトンネル現場に通勤することなく、自宅などからテレワークできるようになりそうですね。

今回、開発したシステムは、西松建設が施工中のトンネル現場に導入される予定です。

同社では重機の無人化技術を組み合わせて、トンネル掘削作業全体を自動化・無人化する技術「Tunnel RemOS(トンネルリモス)」の構築を進めています。

山岳トンネル掘削作業全体を自動化・無人化する「Tunnel RemOS」構想

山岳トンネルは土木工事の中でも機械化が進み、トップクラスの生産性向上が既に実現されています。「Tunnel RemOS」は、建設DX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現する具体的なソリューションになりそうですね。

(Visited 1 times, 8 visits today)

Translate »