中銀カプセルタワーをBIMデータ化! 黒川紀章事務所らが”再建の権利”をネットオークション
2022年7月25日

管理人のイエイリです。

1972年、東京・銀座に建設された中銀カプセルタワービル(以下、中銀カプセルタワー)は、故黒川紀章氏が設計した「メタボリズム」の代表作として世界的に有名な建物です。

しかし、建設から50年が経過し、老朽化やアスベストの問題などにより解体が決定し、惜しまれながらも2022年4月から解体工事が始まっています。

1972年東京・銀座に建設された中銀カプセルタワー(特記以外の写真、資料:黒川紀章建築都市設計事務所)

1972年東京・銀座に建設された中銀カプセルタワー(特記以外の写真、資料:黒川紀章建築都市設計事務所)

解体直前の中銀カプセルタワーの建物(写真:LAETOLI)

解体直前の中銀カプセルタワーの建物(写真:LAETOLI)

黒川紀章建築都市設計事務所(本社:東京都千代田区。以下、黒川設計事務所)とLAETOLI(本社:東京都港区)は、解体されたカプセルの一部について保存活動を行っていますが、このほどさらに踏み込んだ事業を発表しました。

中銀カプセルタワーを、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

リアルとメタバースで再建

 

できる権利をパッケージ化し、オークション形式で発売したのです。(黒川設計事務所のプレスリリースはこちら

リアル空間で中銀カプセルタワーを再建できる権利のオークションページ(資料:OpenSea)

リアル空間で中銀カプセルタワーを再建できる権利のオークションページ(資料:OpenSea)

メタバース空間で中銀カプセルタワーを再建できる権利のオークションページ(資料:OpenSea)

メタバース空間で中銀カプセルタワーを再建できる権利のオークションページ(資料:OpenSea)

これらの権利は、仮想通貨などで使われている「NFT(Non-Fungible Token)」、日本語では「非代替性トークン」という仕組みを使い、それぞれ世界にただ一人(一社)だけが利用できる権利が保証されています。

「リアル空間」での再建の権利のため、黒川設計事務所は、自社が著作権を所有する建築図面に基づき、中銀カプセルタワーの意匠、構造、設備、そして施工のBIM(ビルディング・インフォメーションモデリング)データを、Revitで作成します。

NFTの権利は、このBIMデータに基づいてリアル空間で中銀カプセルタワーを建設、利用、販売などができるもので、2エディションを発行し、うち1つは黒川設計事務所が所有し、もう1つを販売します。

例えば、デベロッパーやゼネコンが中銀カプセルタワーを実際に建設して、他人に貸したり、販売したりすることができます。

別途、黒川事務所と契約することで、世界各国の法規制にしたがって、中銀カプセルタワーを再建することも可能です。

黒川設計事務所が作成したBIMデータ

黒川設計事務所が作成したBIMデータ

また「メタバース空間」での再建の権利は、黒川設計事務所が著作権を有する建築図面に基づいて、中銀カプセルタワー全体をデジタルアートとして再現します。

このデジタルアートを所有、利用、販売できる権利をNFTとして、世界でただ一つ、販売します。

「メタバース空間」での再建イメージ

「メタバース空間」での再建イメージ

メタバース空間に、オフィシャルコンテンツとして、中銀カプセルタワーを完全に再現し、他人に貸したり

 

バーチャルに分譲

 

したりと、カプセルを活用した様々なビジネス展開が可能となっています。

販売は、NFT関連の作品などをネット販売する「OpenSea」というサイトで2022年8月31日までオークションが行われ、スタート価格は、最低落札価格としてリアル空間での再建権利メタバース空間での再建権利はそれぞれ1601.2ドル(約218万円)となっています。

人気の建物だけあって、今後、どれだけの価格に跳ね上がるのかが楽しみですね。こうした権利の販売は、建築設計事務所の新たなビジネスとしても注目されそうです。

(Visited 1 times, 6 visits today)

Translate »