国交省が国道の点群データを発売! 日本デジタル道路地図協会を通じ、1km当たり5100円で
2022年8月23日

管理人のイエイリです。

国土交通省は道路管理の効率化を図るため、2018年度からモービルマッピングシステム(MMS)で、直轄国道全線の路面や周辺構造物の点群データを順次計測、活用しています。

MMSとは、クルマに3Dレーザースキャナーやカメラ、GNSS(全地球測位システム)などの機器を搭載し、走行しながら道路の3D形状や写真を高精度で計測するシステムです。

MMSの計測車両(特記以外の写真、資料:国土交通省)

MMSの計測車両(特記以外の写真、資料:国土交通省)

車両に搭載された様々な計測機器

車両に搭載された様々な計測機器

走行しながら計測した道路の点群データ

走行しながら計測した道路の点群データ

「このデータさえあれば、道路や周辺施設の現地調査や測量の手間が大幅に減るのにな」と思っておられた方に朗報です。

2022年8月22日から、これらの国道の点群データが日本デジタル道路地図協会を通じて

ナ、ナ、ナ、ナント、

一般ユーザーに提供

が始まったのです。(国土交通省のプレスリリースはこちら

国道の点群データ提供を始めた日本デジタル道路地図協会のウェブサイト(資料:日本デジタル道路地図協会)

国道の点群データ提供を始めた日本デジタル道路地図協会のウェブサイト(資料:日本デジタル道路地図協会)

今回、提供が始まったのは2020年度までにデータ処理が完了した約9000km区間分のデータです。

点群データが欲しい人は、まず同協会のウェブサイトにある申込書に記入してメールで申し込みます。その後、データリスト上で欲しいデータに○を付け、ハードディスクとともに協会に送付します。

すると、着払いで点群データ入りのハードディスクと請求書が送られてくるという仕組みです。

国道の点群データ利用の流れ(資料:日本デジタル道路地図協会)

国道の点群データ利用の流れ(資料:日本デジタル道路地図協会)

MMSデータリスト。国道の路線番号や距離標などが表示、価格に反映する積算延長などが書かれている(資料:日本デジタル道路地図協会)

MMSデータリスト。国道の路線番号や距離標などが表示、価格に反映する積算延長などが書かれている(資料:日本デジタル道路地図協会)

気になるお値段ですが、

1km当たり5100円

とリーズナブルです。

試しに、MMSデータリストの数値を使って計算してみたところ、計測延長は3万1300km、積算延長は2万8033kmでした。

9000kmより長いのは、同じ区間でも上下線などに分かれて複数のデータがあるためと思われます。

今後、提供データは順次、拡大する予定なので、国道ならば欲しい区間のデータがすぐに手に入る時代になりそうですね。

(Visited 1 times, 3 visits today)

Translate »