建設DX展に“暴れる・逃げるイエイリ”が登場! VR・MR・3Dプリンター模型を連動
2022年12月5日

管理人のイエイリです。

今日(2022年12月5日)から3日間、東京ビッグサイトで「第2回 建設DX展[東京展]」が開催されます。

建設ITワールドは、VR(バーチャルリアリティー)に強いフォーラムエイト、AR(各超現実)やMR(複合現実)に強いインフォマティクスの両社の協力を得て、昨年に続き「建設ITワールドブース」(小間番号:19-1)を出展しています。

今年のテーマは「デジタルツインで遊ぼう!」というもので、3Dプリンターでフォーラムエイトが作成した東京・日本橋の模型に、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

VRとMRを連動

 

させて、バーチャル花火大会やフライトシミュレーターで遊ぶことができるのです。(建設ITワールドからの無料e招待券はこちら

HoloLens2ごしには、日本橋の上空に打ち上げ花火や手持ち花火、飛行船が見える

HoloLens2ごしには、日本橋の上空に打ち上げ花火や手持ち花火、飛行船が見える

MRデバイス「HoloLens2」を着けて、都市模型の上を見ると、打ち上げ花火や手持ち花火が見えます。手持ち花火で、金魚すくいのような枠を焼き切ると、飛行船が通過していきます。このバーチャル花火大会は、インフォマティクスが開発しました。

この都市模型や飛行船は、フォーラムエイトのVRソフト「UC-win/Road」でも再現されており、VRとMRの間で飛行船が同じ位置に見える仕組みになっています。

また、UC-win/Road上では、飛行船やドローン(無人機)をVRフライトシミュレーターで飛ばすこともでき、HoloLens2で都市模型の上を飛ぶ飛行船などを見ながら、UC-win/Roadで操縦すると、ラジコン飛行機のような楽しみ方もできます。

この展示のために、UC-win/RoadのAPI機能を使って、HoloLens2との連携機能を両社が開発しました。

UC-win/RoadでVR化された日本橋の都市モデル。飛行船の位置は、HoloLens2とリアルタイムに同期する

UC-win/RoadでVR化された日本橋の都市モデル。飛行船の位置は、HoloLens2とリアルタイムに同期する

飛行船やドローンのフライトシミュレーター機能

飛行船やドローンのフライトシミュレーター機能

また、ドローンのフライトシミュレーターでは、2022年11月18日付の当ブログで紹介した「イエイリの暴れるアバター」が飛行中に登場するほか、HoloLens2から都市模型内にイエイリの

 

逃げるアバター

 

が見える機能が新登場します。

ドローンのVRフライトシミュレーターに登場するイエイリの暴れるアバター

ドローンのVRフライトシミュレーターに登場するイエイリの暴れるアバター

今回は、HoloLens2で3Dプリンターの都市模型内を走る“イエイリの逃げるアバター”が新登場する

今回は、HoloLens2で3Dプリンターの都市模型内を走る“イエイリの逃げるアバター”が新登場する

このほか、国土交通省 国土技術政策総合研究所(国総研)をUC-win/Roadで丸ごとVR化し、テストコースをドライビングシミュレーターで走る「デジタルツイン
グランプリ in VR国総研」も出展します。

今回はフォーラムエイト提供の本格的なドライブシミュレーター用運転席も用意しましたので、さらに楽しんでもらえますよ。

本格的なドライビングシミュレーター用運転席で楽しめる「デジタルツイン グランプリ in VR国総研」

本格的なドライビングシミュレーター用運転席で楽しめる「デジタルツイン グランプリ in VR国総研」

ブースの準備も無事完了。皆様のご来場をお待ちしています

ブースの準備も無事完了。皆様のご来場をお待ちしています

(Visited 1 times, 5 visits today)

Translate »