buildingSMARTの国際BIM試験が日本語化! グラフィソフトとグローバルBIMが窓口に
2022年3月4日

管理人のイエイリです。

buildingSMART International(以下、bSI)と言えば、異なるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)のソフト間で、データを受け渡すための交換標準「IFC」を開発する国際機関として知られています。

bSIが最近、力を入れているのがBIMの知識や活用能力などを国際的に認証する「プロフェッショナル認証制度」です。

この試験に受かれば、BIMの専門家としての能力を国際的に証明することができます。

「プロフェッショナル認証制度」のウェブサイト(資料:bSI)

「プロフェッショナル認証制度」のウェブサイト(資料:bSI)

いかにも「海外の資格」という感じなので、日本のBIM界ではあまり興味がない人も多かったと思いますが、これからは違ってきそうです。

というのも、この試験が、

ナ、ナ、ナ、ナント、

日本語で受験

できるようになったからなのです。

日本での受験窓口となるグラフィソフトジャパンとグローバルBIMの社名が掲載されたbsIのウェブサイト(資料:bSI)

日本での受験窓口となるグラフィソフトジャパンとグローバルBIMの社名が掲載されたbsIのウェブサイト(資料:bSI)

この認証制度に基づくトレーニングと認証試験の日本の窓口として選ばれたのは、グラフィソフトジャパン(本社:東京都港区)とグローバルBIM(本社:東京都港区)の2社です。

両社が実施するトレーニングを終了すると、bSIの日本支部であるbuildingSMART Japan(以下、bSJ。本部:東京都渋谷区)が実施する、日本語によるオンライン認証試験の受験資格が得られます。

これに合格すると晴れてBIM個人資格認証が取得できるというわけです。

グラフィソフトジャパンの場合は、10週間のオンライン講習「BIMマネージャープログラム」を受講すると、認証試験の受験資格が得られます。

次回は2022年4月6日に開講予定で、すでに3月1日から受付を開始しています。(グラフィソフトジャパンのプレスリリースはこちら

グラフィソフトの「BIMマネージャープログラム」のウェブサイト(資料:グラフィソフトジャパン)

グラフィソフトの「BIMマネージャープログラム」のウェブサイト(資料:グラフィソフトジャパン)

一方、グローバルBIMの場合は、

2日間のトレーニング

コースを開催し、これに参加すると認証試験の受験資格が得られるとのことです。(グローバルBIMのプレスリリースはこちら

コースの詳細は、近くグローバルBIMのウェブサイトで案内される予定です。

グローバルBIMのウェブサイト(資料:グローバルBIM)

グローバルBIMのウェブサイト(資料:グローバルBIM)

これから人口減少が続く日本の建設業が成長していくためには、今後、海外プロジェクトにも積極的に参加していく必要があります。

その時に備えて、自分のBIM能力を世界標準で証明できるこの認証制度は、受けておいて損はなさそうですね。

プロフェッショナル認証制度を実施している13カ国(資料:bSI)

プロフェッショナル認証制度を実施している13カ国(資料:bSI)

(Visited 1 times, 2 visits today)

Translate »