アクティオがガラス工事用機械「グラスワーカー」をレンタル開始! 吸盤で「吸い付ける」新方式
2023年1月18日

管理人のイエイリです。

建機レンタルの大手、アクティオ(本社:東京都中央区)は、建築現場でガラスや建材パネルを設置するための自走しアーム型機械、「グラスワーカ―」のレンタルを、2023年1月11日にスタートしました。

2023年1月11日からレンタルを開始した「グラスワーカ―」(特記以外の写真、資料:アクティオ)

2023年1月11日からレンタルを開始した「グラスワーカ―」(特記以外の写真、資料:アクティオ)

上の写真を見ると、多数の「赤い丸」が配置されています。これは何かというと、

ナ、ナ、ナ、ナント、

ガラスを吸い付ける

吸盤なのです。(アクティオのプレスリリースはこちら

ガラスや建材パネルを吸盤で吸い付け、そのまま窓枠や壁面にはめ込むことができる

ガラスや建材パネルを吸盤で吸い付け、そのまま窓枠や壁面にはめ込むことができる

クレーンのような吊り具が不要で、しっかりと把持できるので効率的な作業が可能に

クレーンのような吊り具が不要で、しっかりと把持できるので効率的な作業が可能に

「グラスワーカー」 は、建物のガラスや建材パネルを吸盤で吸着し、そのまま窓枠や壁面にはめ込むことができる、遠隔作業用機械です。

GW625/GW1125は自走式で、ブームの上げ下げ、伸縮、首振り(縦横左右)、旋回ができます。また、UPG1200は、クレーンなどでガラスなどを吊り上げ、はめ込む作業が可能です。

全機種とも、吸着している部分が真横に水平移動するため、はめ込む際に微調整が可能です。

リモコン操作のため、取り付け場所のすぐ近くで操作ができ、効率よく設置が可能です。

取り付け時の位置を微修正するため、シリンダーが真横に水平移動する機能を備えている

取り付け時の位置を微修正するため、シリンダーが真横に水平移動する機能を備えている

操作はリモコンで行える

操作はリモコンで行える

グラスワーカーのスペック

グラスワーカーのスペック

“吸い上げ能力”は、吸盤1個当たり100kgです。GW1125やUPG1200は、12個の吸盤がついているので、約1200kgを吸い上げることができます。

吸盤を使うと聞いて、心配なのは作業中に停電が発生したとき、取り付け中のガラスなどが落下しないかということです。

アクティオのカタログを見ると、各機種とも

バッテリーを内蔵

しているようですので、突然の停電でも安心のようです。

アクティオでは、各社と連携して現場で使いやすい建機を開発しています。

例えば、これまでクレーンで「吊り上げる」のが普通だったのを、クレーンのブームに「スーパーグリップ」という把持装置を取り付けて「掴む」ことを可能にした新たな建機を開発したりしています。(2021年11月19日の当ブログ参照

「吊る」作業を行う普通のかにクレーン(写真:家入龍太)

「吊る」作業を行う普通のかにクレーン(写真:家入龍太)

かにクレーンに「スーパーグリップ」を取り付けることにより「つかむ」という作業を可能にした建機(写真:家入龍太)

かにクレーンに「スーパーグリップ」を取り付けることにより「つかむ」という作業を可能にした建機(写真:家入龍太)

「つかむ」ことによって、吊り具は不要になり、「吊る」に比べてより高い場所に設置できるようになりました。しかし、ガラスや建材パネルのように平らな建材は、「つかむ」が行いにくいので今回の「吸い付ける」が新手法として開発されたのでしょうね。

(Visited 1 times, 7 visits today)

Translate »