ロボット
2021年12月15日
6つのタイヤを備え、段差も独自のメカニズムで乗り越えられます。ペイロードは20kgもあり、様々な機器を搭載できます。タイヤ式のため、コストダウンも期待できそうです。

2021年11月17日
墨出し用測量機「杭ナビ」自身にプリズムを取り付け、並べることでお互いの位置を計測。推進工法で必須の開放トラバース測量を簡単に行えます。

2021年11月9日
CADデータをロボットに転送し、通り芯と位置合わせを行うだけで、自動的に墨出し作業を行ってくれます。障害物を避けて移動するので、夜間の自動墨出しも可能。気になるお値段は「1000万円未満」です。

2021年10月26日
四足歩行ロボット「Spot」に3Dレーザースキャナー「X7」を搭載し、自動的に現場を巡回して点群計測を行います。現場のデジタルツイン化によって、様々な業務をテレワークで行えるようになります。

2021年10月25日
山岳トンネル施工時のロックボルト打設機にモルタル供給装置を合体して1人分省人化し、吹き付けコンクリート厚計測作業も自動化。完全自動施工まで残るは装薬・発破やズリ出しくらいになってきました。

2021年10月14日
平屋の注文住宅を展開するカーザロボティクスは、住宅展示場に接客ロボット「ミレルン」を導入。お客さんと会話しながら室内を案内します。中の人もロボットになりきって、ノリノリのようです。

2021年10月6日
3m×1.25mという大断面の木材を、6自由度のロボットアーム2台で自由自在に切削加工します。BIMデータも使える加工機用専用ソフトを開発し、一般の工場オペレーターでも使いやすくなりました。

2021年9月24日
人手不足や安全性の向上など業界共通の課題を解決する建設用ロボットやアプリを開発するため、大手16社が大同団結しました。そのうち建設ロボは建設機械のように、市販品が安く買える時代になりそうです。

2021年9月15日
Spotに通話装置やプロジェクターなどを搭載し、遠隔操作で現場を動き回れるようにすることで、現場監督のテレワークが実現しました。自動巡回機能も進化し、自動的に工事写真を撮ってきてくれます。

2021年9月14日
自律運転システムを備えたバックホーに、遠隔操作システムを組み合わせることで、1人のオペレーターがテレワークで複数のバックホーを運転できるという、驚異的な生産性向上システムが登場しました。

2021年9月3日
遠隔操作のキャリアダンプや多関節型タイヤを備えた油圧ショベルを使って、千葉県で消防レスキューによる人命救助訓練が行われました。これからの建設業には災害時の人命救助の役割も期待されそうです。

Translate »