携帯端末
2020年10月26日
ホロラボの藤原龍さんは、LiDARセンサー搭載のiPhone 12 Proを使って、早速、実物の建物を3D点群計測。そのデータから3Dモデルの作成やVR化などを検証しました。

2020年10月23日
LiDARセンサー付きのiPhone 12 Proを3Dレーザースキャナーのように使えるアプリ「pronoPointsScan」の最新版が登場しました。建設関係のユーザーは必携の1本です。

2020年10月19日
iPhone 12 Proシリーズに3Dスキャナーの機能を持つ「LiDAR」が搭載され、点群計測が可能になりました。早速、BIMやVR関係者から「予約した」との報告が相次いでいます。

2020年9月30日
iPad Proで現場を点群計測し、BIMソフトに読み込んで使えるかを検証したところ、かなりいい精度でした。10カ所以上で連続計測した点群データを結合する機能も申し分ないとのことです。

2020年9月28日
iPad Proに搭載されたLiDAR機能を使って点群計測が行えます。ボタンを押すたびに点群を「追加計測」でき、データはXYXRGB形式で書き出してCADやVRで使えます。

2020年9月11日
スマホやタブレット上で現実空間の上に複数の3Dモデルを配置してARシミュレーションが行えます。3Dモデル同士の間隔や建機のすれ違いなども検討できそうです。HoloLens対応版も開発可能です。

2020年9月9日
タブレットでコンクリート打ち継ぎ面の写真を撮るだけで、レイタンスや目あらしなどの状態を自動的に評価してくれます。同社がコンクリート工事をデータで見える化する取り組みの一環として開発しました。

2020年8月27日
Google Maps上で目的の電柱を特定し、経路検索機能で確実にたどり着けます。現場周辺の状況はグーグルストリートビューで事前に調査。工事に必要な電線の長さも計測できます。

2020年8月4日
数多くの現場を抱える発注者側の監督官は、事務所のパソコンから現場の立会検査が行えます。建設会社、中山組の経験を生かして、現場での使いやすさに徹底的にこだわりました。

2020年7月20日
建築現場でのコミュニケーションをスマホ化することにより、協働と個人の両面をサポート。分散した場所で行うデジタル朝礼や、工程表を個人のTo-Doリスト化することで生産プロセスを最適化します。

2020年7月1日
ソフトバンクの携帯電話用アンテナを使ってRTK-GNSS用の位置補正情報を全国津々浦々に提供することで、スマホによる高精度な土量計算が低価格でできるようになりました。

2020年6月25日
iPad上で手描き線を引いていくとどんどんCADっぽい線に変換され、寸法線も付いた本格的な間取り図が作れる無料アプリが登場。3D建築CADと連携するのは“業界初”です。

2020年6月12日
現場の作業員が必要に応じてスマホから建機のレンタルを依頼すると、翌日、宅急便で配達してくれます。小さな建機からサービスを始め、将来は大きな建機もレンタルできるようになりそうです。

2020年6月9日
鹿島の関連会社、Global BIMは現場の仮囲いの中を“バーチャルのぞき見”できるARアプリを開発しました。現場に張ってあるマーカーにスマホを近づけると、中の人や完成CGなどが見られます。

2020年6月3日
スマホで実物の建材を写真に撮ると、AIが類似製品を検索し、カタログサイトやBIMオブジェクトまで数秒で誘導してくれます。実在の建材を見て、気になった瞬間に次の設計への準備が行えます。

2020年6月1日
【地上からスマホで遠隔操作できる超小型パイプレーザーが登場しました】 #測量 #施工管理 #下水道 #トプコン #Topcon

2020年4月6日
マンションやホテルの仕上工事の手直しが今、どこで、どれだけ進行しているのかという進捗状況をリアルタイムに集約し、工事関係者で共有します。位置特定にQRコードを使っているのがミソです。

2020年3月11日
タブレットを使って鉄筋の径や本数、ピッチの計測を自動化し、特殊カメラで配筋の3D形状を自動計測することで、配筋検査を効率化します。2020年度中に現場での試行を開始するスピード感です。

2020年1月30日
過酷な工事現場の実態を知り尽くしたエコモットと田辺工業が、それぞれウエアラブルカメラを開発し、新サービスを提供することになりました。細部に“ユーザー視点”の数々を感じさせます。

2019年11月13日
1000万~2000万円の規格住宅を、スマホで選び、キッチンや照明、内装などオプションやトータルの価格を検討できます。高画質の360°VRで、住宅の仕上がりイメージもはっきりとわかります。

2019年10月15日
iPhoneの画面で土砂の山を見ながら仮想ポールを立てていくだけで、土量計算や断面図作成が自動的に行えます。生産性は20倍以上アップ。誤差は3~5%程度と高精度です。エム・ソフトから市販されます。

2019年9月12日
現場用iPadアプリ「SpiderPlus」と設備用BIMソフト「Rebro」が相互連携し、現場で計測した風量データなどをRebroに戻せるようになりました。BIMのIoT化が進んでいます。

2019年8月28日
練り混ぜ後のコンクリート温度や表面蒸発度などを自動計算。コンクリートの基礎知識から製品情報までがわかりやすく説明されており、現場用コンクリート辞典としても使えます。コンクリ技術者必携のアプリです。

2019年6月24日
あの「DRA-CAD」の図面を、iPhoneやiPadで手軽に持ち出せます。無料アプリですが、ユーザー登録は不要なので、お施主さんにも勧めて図面の情報共有も可能です。

2019年6月10日
工事現場の施工管理ツールとして活用が広がっているiPadを、紙の野帳の代わりに使うアプリ「eYACHO」の最新版が登場。大林組は約9300人が利用し、前田建設工業はiPadを使う現場ほど時短に。

2019年5月9日
スマホに測量用のGNSSアンテナを取り付け、現場の風景と構造物の3Dモデルを高精度に重ねて見られるハンディー型端末を鹿島が開発しました。ICT土工時代の施工管理に便利です。

2019年2月21日
現場に持って行くのはiPad一台だけ。GPSによる現在位置を図面上に表示し、写真撮影、メモ入力などはiPadの画面だけで行えます。事務所に帰ってからの資料作成や写真整理はいりません。

2019年2月1日
防水・防じん・耐衝撃性の堅牢なタブレット端末が、工事写真専用デジカメになりました。電子小黒板の情報をもとに写真を自動仕分けし、パソコンで工事写真台帳を作れます。

2019年1月28日
小型発信機入りの布片をトイレなどから流し、その電波をタブレットで自動記録することにより、排水管の通水検査の人員を半減、検査時間も3分の2に短縮しました。詰まった場合もスマホと電波で場所を探せます。

Translate »