シミュレーション
2021年9月17日
きれいな溶接ビードが作れるようになるまで、何度も繰り返し、溶接棒の動かし方を練習することができます。材料費がいらないので、訓練コストは約7割減、事故は約8割になります。

2021年9月7日
天井まで届く「フルハイトドア」のよさを知ってもらおうと、神谷コーポレション湘南がドア選びのために、VR住宅を建設。様々な部屋で、フルハイトドアと一般のドアを比較し、見え方などを検討できます。

2021年8月5日
BIMモデルのデータを抜き出して、避難安全検証ソフトに自動入力したり、設計と計算ソフトの入力データを自動的に“答え合わせ”する機能で、建築確認申請の書類の整合性確保がぐっと楽になりました。

2021年6月2日
約2万種類にも及ぶパナソニックの照明器具をRevitのBIMモデル上に配置し、リアルタイムに高精度の照度計算を行います。いちいち器具のカタログを調べてデータ入力する必要はありません。

2021年5月17日
「Revit」で使えるラフテレーンクレーンのBIMモデルと、クレーンのブーム角に対応したつり上げ能力やアウトリガーの反力などのデータが得られる「Lift API」を公開。クレーン作業もDXへ。

2021年2月19日
あの落合陽一氏が率いる会社が東京建物とコラボして、新型コロナウイルス対策付きのフロアプラン提案事業に乗り出しました。その中核技術は建物の3Dモデルを使った熱流体解析(CFD)なのです。

2020年12月23日
国土交通省は、地形やビルを3Dで忠実に再現した「Project PLATEAU」を推進中です。まずは東京23区のモデルを先行公開しました。ハザードマップの3D版としての機能も持っています。

2020年12月10日
スノープラウを備えた除雪車両をリアルに再現し、3台の“編隊走行”による除雪の連携プレーも訓練できます。訓練後はリプレイ機能で振り返り、除雪の「PDCA」を回してレベルアップできます。

2020年10月15日
トレーラーでの輸送やクレーンの能力、スリーブ位置など考慮しながら、プレキャスト梁を短時間で最適なサイズに分割できます。また、施工図なしで部材を作れる「情報化生産」も可能になりました。

2020年9月17日
突然現れる急カーブや左右からの合流路などの形状をミリ単位で3Dモデリングしたほか、膨大な道路標識やマーキングも忠実に再現しました。その目的は“世界最難”の高速道路を走れる自動運転車の開発でした。

2020年7月6日
ジェネレーティブ・デザインの技術を使って、オフィスの気流や人間導線などから新型コロナの感染リスクを防ぐレイアウトを提案。新型コロナ対策に、建築士や設備会社が果たす役割は大きそうです。

2020年5月25日
数値流体シミュレーション(CFD)技術でウイルスを含んだエアロゾルの動きを見える化し、効果的な換気やエアカーテンによる気流の遮断など行えるリニューアルを提案します。

2020年3月23日
河川工事で6時間後の水位や流量を高精度で予測し、メールでアラートを送信します。少ないデータから、これまで経験したことがない高い水位も予測できるのが特徴です。

2020年2月18日
これまで模型実験で求めていた河川や海岸の水の流れを、コンピューター上の3次元流体解析置き換える方法を実用化。構造物の設計や防災に生かせるようになりました。

2019年9月11日
地震発生から20分で浸水エリアや建物の被害などを推計するシステムが、高知県災害対策本部の訓練に導入されることになりました。津波被害に対する初動が、ぐっと早くなりそうです。

Translate »