防災
2021年12月6日
在宅勤務中に本社ビルで火災や地震が発生した状況を想定したVRで、オンライン避難訓練を実施しました。各人の避難時の視線や人流を分析し、訓練だけでなく、サインや避難誘導の改良も行えます。

2021年11月8日
人工衛星やIoTセンサーによる浸水データを、3D都市モデル「PLATEAU」上でリアルタイムに表現するシミュレーションサービスです。臨場感あふれる表現なので、避難に対する本気度も違ってきそうです。

2021年9月6日
操作する機会が少ない非常用エレベーターや火災報知器、散水栓などを、VR空間上で繰り返し訓練できます。火災発生場所のドアには発熱デバイスも導入予定で、さらにリアルで実践的な訓練が行えます。

2021年9月3日
遠隔操作のキャリアダンプや多関節型タイヤを備えた油圧ショベルを使って、千葉県で消防レスキューによる人命救助訓練が行われました。これからの建設業には災害時の人命救助の役割も期待されそうです。

2021年8月31日
不動産取引で使われる地盤関連データベース「地盤安心マップPRO」に、土砂災害防止法の「レッドゾーン」情報がプラスされました。ローン引き下げ施策「フラット35S」もレッドゾーンでは使えなくなります。

2021年8月23日
超小型パソコン「Raspberry Pi」地震計として活用し、従来の10分の1程度のコストで地震計測システムを後付けできるようになりました。従来の高性能システムと同等の性能を発揮。

2021年8月18日
SNSに投稿された1枚の浸水写真をもとに、地形・降水量などのデジタルツインとともにAIで解析し、わずか10分で浸水エリアや浸水深を推定します。今年の水害でも各地の浸水推定を行いました。

2021年7月8日
これまで人力に頼っていた樋門の操作をIoT化し、遠隔監視や遠隔操作が行えるようにします。研究開発には福岡県直方市周辺の産学官メンバー参加し、地方発のDXを強力に推進しています。

2021年6月7日
東京都はYouTubeに「東京都水防チャンネル」を開設し、50数カ所の河川映像のリアルタイム中継を始めました。集中豪雨で水位が急上昇しているときなど、SNSでの情報拡散が避難を促しそうです。

2021年3月16日
流域の降雨量から河川水位を予測する「水位予測モデル」に、高精度な予報雨量データをリアルタイムに連携。時間を早回しして、未来を先取りするデジタルツインを実現しました。

2021年3月3日
ドローンやヘリコプターなどで災害現場を映した映像から、浸水や落橋、地すべりなどの被災箇所を自動的に発見するAIが開発されました。その性能は、世界トップクラスと認められました。

2020年12月7日
曇っていても、地表を50cm解像度で計測できるノルウェーのレーダー衛星を導入しました。天候にかかわらず地形や土地利用などの3D地図情報が高頻度で取得できるので、災害時の調査などにも使えます。

2020年11月19日
風洞内で乱れのある強風を全身に受けながら、VRゴーグルで実際の台風の360度映像を見て、ステレオで強風の音を聞くという、超リアルな台風体験が行えます。台風観測には2度、失敗しました。

2020年6月18日
専用サイトから斜面の位置情報などを入力すると、地すべりの危険性や地震時の揺れやすさ、崩壊のしやすさなどの危険リスクレポートを即座にダウンロードできます。

2019年9月11日
地震発生から20分で浸水エリアや建物の被害などを推計するシステムが、高知県災害対策本部の訓練に導入されることになりました。津波被害に対する初動が、ぐっと早くなりそうです。

2018年12月19日
ほとんど遅れがない「5G回線」を使って、ダンプカーにバックホーで土砂を積み込む作業に成功しました。またICT建機を音声で制御する実験にも成功。5Gを使った建機の遠隔操作技術はまだまだ進化しそうです。

2018年12月6日
BIMモデルを使って監視カメラの画質をシミュレーションし、死角を見つけます。カメラ配置や角度を変えて何度もシミュレーションすることで、監視カメラの台数も削減できます。

2018年11月30日
360度VRと地震ザブトンで、地震時のオフィスを超リアルに体験でき、耐震設計、免震設計、制震設計の違いが誰にでもわかります。VR映像ではパソコンや家具の転倒まで再現。

2018年11月20日
圧力センサーで人が床の上を通ると位置を計測し、クラウドサーバーに送信します。しかも自己発電するので配線も不要です。赤外線センサーやカメラを使った上からの計測と違い、違和感がありません。

2018年11月15日
地形が急な山間部の砂防施設を、ドローンで点検する検証プロジェクトが石川県内でスタートしました。通常カメラと赤外線カメラを使い、外観だけではわかりにくい岩盤の亀裂などを発見します。

2018年11月14日
建機の振動や傾きを中継して座席で再現し、遠隔操縦するオペレーターが「体感」できるリアルなコックピットが開発されました。将来、5G回線が普及すると建機オペレーターの“働き方改革”に使われるかも。

2018年11月13日
ドローンによるレーザー測量に必要だった高価なジャイロセンサーの代わりに、GNSSアンテナを使った低価格な位置・姿勢計測システムが開発されました。ドローンによるレーザー計測の普及を後押ししそうです。

2018年11月8日
あのソフトバンクがドローンによるインフラ点検ビジネスに本格参入します。高精度3Dモデルによる計測やAIによる損傷度判定、さらにはシミュレーションによる被害予測まで。国土のIoT化も夢ではなさそうです。

2018年10月24日
地すべりや土砂崩れなど、地上で地盤に異変が生じた場所を、ドローンが間違いなく空撮し、空と陸の情報を総合的に把握できるシステムです。道路の寸断や浸水などでアクセスできない場所も状況を素早く確認します。

2018年10月17日
建機に積んだカメラ映像を元に、周囲から建機を見下ろす「フライングビュー」映像をリアルタイムに作ります。さらに5G回線を使い、約6km離れた場所にある建機を遠隔操縦するデモも行われています。

2018年10月16日
重機が岩などをつかむときの力加減や硬さなどを、オペレーターが触覚で体感できる装置を開発中です。従来の油圧駆動式の重機にも、簡単な改造で搭載できます。

2018年10月12日
クローラー付きの専用車両や鉄道用のトロッコ台車に3Dレーザースキャナーを搭載し、悪路や鉄道トンネルなどを走行しながら3D計測します。施工管理や維持管理のIoT化にも役立ちそうです。

2018年10月5日
43階建ての超高層マンションのエレベーターを、電気自動車のバッテリーで運転してみたところ、100往復もできました。災害による停電時でも、エレベーターを使えると避難や物資の輸送に大助かりですね。

Translate »