BIM
2021年12月24日
高砂熱学工業のDX戦略では、BIMを自動設計や施工のプレハブ化、施設のデジタルツイン管理などに活用。事業プロセスの変革や新たな付加価値創造を目指します。ビジネスとデジタルの両面を備えた人財育成も。

2021年12月13日
デジタルツインから現実のロボットや照明設備を“逆制御”する実験が成功しました。現実のフィジカルツインと仮想のデジタルツインをリアルタイムに同期させて運営管理するスマートシティーの姿が見えてきました。

2021年12月7日
建設用3Dプリンターで有名な会沢高圧コンクリートが、建物や建設資材などあらゆるものをデジタルツイン化する構想を発表しました。膨大な3Dモデルは自律分散型のクラウドで、仮想通貨の仕組みで運営します。

2021年12月3日
Matterportなどで計測した3Dデータから、数日間でRevit用のBIMモデルを作成し、納品してくれるサービスです。BIMモデル化の手間ひまとコスト削減が可能です。

2021年11月15日
福井コンピュータアーキテクトの国産BIMソフトの最新版「GLOOBE 202」では BIM、工程表、数量表の連携機能や、墨出し用の座標データ出力機能などが加わり、施工支援力が強化されました。

2021年11月12日
2014年以来のBIMに関する包括契約を、さらに更新しました。国内の本格的な BIM 普及の実現と、建設業への DX 推進、カーボンオフセット実現を目指します。

2021年11月2日
施工BIMモデルの3D形状や属性情報を活用して、維持管理で使用する設備機器台帳を作成。台帳と3Dモデルを双方向で連携し、隠れた部分も簡単に確認できます。

Translate »